「湘南乃風」“若旦那”新羅慎二、不良時代の喧嘩エピソード告白 乙女な一面に会場爆笑

視聴回数1,076,566

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の奥野壮、陣内孝則、新羅慎二、安藤光造監督が1日、都内で映画『灰色の壁 ―大宮ノトーリアス―』(2月25日公開)の完成披露報告会に参加した。
 本作は、奥野が仮面ライダーシリーズ以外で初主演を務める映画。平成初期の埼玉を舞台に、暴走族の抗争から暴力団まで巻き込み、最後には少年刑務所へと収監された、ある男の実話を基にした暴力と義理人情、贖罪と挑戦を描いた物語。主人公・吉田正樹を奥野が演じる。
 湘南乃風の若旦那としても活躍する新羅は、対立する暴力団の若頭役を演じ「ヤクザの若頭の役で監督から『自由にやっていいよ』と。『今っぽい感じで』とも言われたんですけど、今っぽいヤクザは知らないんですけど、想像してやりました(笑)」と裏話を披露していた。
 また、作品の内容にかけ、過去のやんちゃエピソードを語ることに。若いころにやんちゃしていた新羅は「体格の大きい方なので、その世界では頑張っていた方なんですけど、性格が乙女なところを持っていまして…。通学でガン飛ばしあって、合うと緊迫するような感じなんですけど、読んでる漫画が『キャンディ・キャンディ』だった」と告白し笑わせる。
「ある時、不良にバスの中で絡まれた。『お前よぉ、キャンディ・キャンディなんか読んでるんじゃねぇよ』みたいな。キャンディ・キャンディをナメられて自分の中で許せなくて。そんで、キャンディ・キャンディでボッコボコにしてやりました。『キャンディ・キャンディに殴られてるお前は自分でどう思っているんだ』みたいなことを言いながら」とにっこり。「まさか、『キャンディ・キャンディ』をそんな使い方していると思わないですけど、乙女です」とオチをつけて笑わせていた。