荒牧慶彦、『エヴァ』第3新東京市エリアの現場レポートに大興奮「住んだら楽しそう」 生アフレコで“中学生役”披露

視聴回数91,779

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

 歌手の松崎しげる、女優の真琴つばさ、タレントの指原莉乃、俳優の荒牧慶彦が9日、ショートドラマ『小世界家の秘密』のオンライン舞台あいさつに参加した。
 同ドラマは、11日に東京・有明でオープンする屋内型ミニチュア・テーマパーク『SMALLWORLDS TOKYO』の世界観を元に、平凡なサラリーマン・小世界シゲル(松崎)、教師である妻・ツバサ(真琴)、高校生の長女・リノ(指原)、中学生の長男・ヨシヒコ(荒牧)ら、小世界家の日常を描く。映像は、同テーマパークのミニチュア世界で展開されている。
 これまで多くの役を演じてきた荒巻だが「中学生役が回ってくるとは思わなかった」と驚きを隠せない。それでも「父親にズバズバと言っちゃうような生意気な中学生」を見事に演じきると「小さい頃の無邪気な気持ちを思い出して、トゲのあるようなことをズバズバ言えるように頑張りました!」と笑顔でアピールした。
 トークセッションのほか、『新世紀エヴァンゲリオン』のミニチュアを紹介する一幕も。大のエヴァファンとあって、興奮気味にミニチュア版の第三新東京エリアをレポートしていた。
 初回配信日となるきょう9日以降、12日から毎週月・水・金曜日に『SMALLWORLDS TOKYO』公式Twitterアカウントにて全36話の配信を予定している。