人気コスプレイヤー・えなこ、高橋名人に試飲され「どうですか私は?」 “巫女”コスプレで似鳥沙也加&宮本彩希と登場

視聴回数2,413,872

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

 人気コスプレイヤーのえなこ、宮本彩希、グラビアアイドルの似鳥沙也加が12日、都内で行われた『TOKYO SAKE FESTIVAL2020』の記者会見に出席。ファミコン全盛期に一世を風靡(ふうび)した高橋名人(61)がMCを務め、3人がプロデュースした3種類の日本酒に舌鼓をうった。
 えなこは自身が企画した日本酒を勧め、「どうですか? 私(の味)は?」と質問すると、高橋名人は「そういわれると返せなくなるな…」と照れた表情に。味については「爽やか系な甘酸っぱさがある。イカの刺身が食べたくなるね。僕はイカが好きで、回転寿司でもイカで始まり、イカで終わるんだよ」と美女に囲まれ早くも饒舌になっていた。
 お酒を飲んだらどうなるかという質問にえなこは「眠たいわけじゃないのに、2~3杯くらいでまぶたが落ちてきちゃうんですよ」と告白。高橋名人から「弱い(笑)。それは眠くなってるんじゃない?」とツッコまれ、「違うんですよ! まぶたがくっついたまま、そこからまだ飲むんですよ」と独特なお酒の飲み方を明かし、会場の笑いを誘っていた。
 『TOKYO SAKE FESTIVAL2020』は8月11日~16日に東京・新宿住友ビル 三角広場で行われる。日本酒のセレクトは日本酒プロデューサーの上杉孝久氏と日本酒スーパーバイザーの平出淑恵氏の協力のもと、日本全国から厳選した51もの酒蔵から取り寄せている。