元乃木坂46・高山一実、ロッテ佐々木朗希との“入れ替わり”妄想「あの球を投げられたらな~」

視聴回数1,017,677

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

元乃木坂46の高山一実が7日、千葉・ZOZOマリンスタジアムで開催されたプロ野球『千葉ロッテマリーンズ対福岡ソフトバンクホークス戦』で人生初の始球式を務めた。
千葉県出身で南房総市観光大使を務めている高山。背番号11のユニフォームを着てマウンドに。人生初の始球式に挑戦だったが、ボールはキャッチャーミットから大きく外れ、左打席の後方を通過する結果に思わず照れ笑いだった。
 投球後に取材に応じ「めちゃくちゃ曲がっちゃいました! めっちゃ悔いが残る…」と苦笑い。きょうの出来栄えは「20点!」「才能ないなと思いました」と自虐しつつ、この悔しい結果を受け、先日、日本プロ野球史上28年ぶりの完全試合を達成した“令和の怪物”ロッテ佐々木朗希との入れ代わりを提案。
 「私がマウンドに立った瞬間に、よくSF作品で人と人が入れ替わったりするじゃないですか。『佐々木朗希選手に入れ替わったらな~』と妄想を…高山が一瞬、あの球を投げられたらな~と妄想をしています」とニヤリ。
 記者から「佐々木選手から指導していただいたら?」と提案されると、「申し訳ないです、それは! (野球の)才能がないので、本当に…いえいえ…」と直接指導は恐縮していた。