黒羽麻璃央、志々雄役に「顔だけが尋常じゃない暑さ!」

視聴回数1,371,711

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の小池徹平が29日、都内で行われたミュージカル『るろうに剣心 京都編』製作発表会見に出席した。
 剣心役の小池は「ようやく始まるんだとワクワクしています。余談を許さない状況は続きますが、素晴らしい『るろうに剣心』を作っていきたい」と、当初は2020年秋上演予定だったが延期となった本作が、いよいよ公演が近づいてきた喜びを口にした。
 この日、報道陣向けに殺陣を披露した小池は「とても緊張しました。稽古がはじまって間もないですが、本番までは時間があります。もっとワクワクさせるものができると思っています」と自信を見せた。
 脚本・演出を手掛ける小池修一郎氏は「徹平さんの純粋な剣心はこの作品を彩ってくれます。立ち回りはもちろん迫力もあり、歌も歌います。この役の要求する純粋さを体現できる役者さんです。ぜひ、みなさまに見ていただけたら」と“剣心”徹平への信頼を語った。
 会見には、黒羽麻璃央(志々雄真実)、加藤清史郎(瀬田宗次郎)、岐洲匠(相楽左之助)、井頭愛海(神谷薫)、鈴木梨央(巻町操)、伶美うらら(駒形由美)、山口馬木也(斎藤一)、加藤和樹(比古清十郎)も出席した。
 原作は、シリーズ累計7200万部を超える和月伸宏氏による大ヒットコミックス『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』で、明治時代の日本を舞台に、新撰組や紀尾井坂の変など史実を組み込ませながらオリジナルストーリーを展開する剣劇漫画。さまざまなメディアミックスがされ、2016年に宝塚歌劇団・雪組が上演した浪漫活劇『るろうに剣心』など、多くの宝塚歌劇を手がけている小池氏による脚本・演出で上演する。
 5月17日から6月24日までIHIステージアラウンド東京で開催される。