芦澤竜誠の挑発にYA-MANがブチギレ 会見で大乱闘が勃発

視聴回数2,653,617

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

格闘家の那須川天心と武尊の“世紀の一戦”が行われる格闘技イベント『THE MATCH 2022』追加対戦カード会見が22日に都内で行われ、対戦が発表されたYA-MANと芦澤竜誠が激しく挑発しあい、大乱闘に発展した。
 YA-MANは今月2日に『RISE ELDORADO 2022』でKO勝利後、『THE MATCH』への参戦を希望したが、対戦相手として「芦澤はやめて。レベルが違う」と芦澤を格下扱い。それを受けて芦澤は自身のYouTubeでYA-MANを激しく挑発していた。
 因縁のある試合が決定した2人は、会場に姿を表した瞬間から激しくにらみ合い。芦澤はよりパンチのダメージが伝わる「オープンフィンガーグローブ」での試合を提案すると、YA-MANは「根性あるじゃん」と余裕の表情で快諾。続けて「俺の試合を見たことあるか?」と煽ると、芦澤は「おまえ大して強くねぇじゃん。パンチが当たると思うなよガキ」と上から目線で一蹴した。
 その後も、芦澤が「泣かしてやるからなガキ。そのサングラスなんだ、カッコ悪いからやめろ」と悪態をつき続けると、切れたYA-MANが立ち上がって芦澤に詰め寄り乱闘が始まる寸前、関係者によって間一髪のところでストップされた。
 この日はそのほか、「鈴木真彦 VS 金子晃大」、「志朗 VS 玖村将史」、「風音 VS 黒田斗真」、「“ブラックパンサー”ベイノア VS 和島大海」、「中村寛 VS レオナ・ペタス」、「白鳥大珠 VS ゴンナパー・ウィラサクレック」、「原口健飛 VS 山崎秀晃」のRISE対K-1の対抗戦が全8試合発表された。
 『THE MATCH 2022』はこの日限りのドリームマッチを全10~15試合が予定されている。ABEMAでは大会当日を「ABEMA PPV ONLINE LIVE」にて完全生中継、フジテレビでも一部生中継される。