横浜流星、主演舞台『巌流島』東京公演が中止「今後の稽古続行は難しい」 【動画でわかる!注目芸能ニュース】

視聴回数740,001

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

 新型コロナウイルスに感染した俳優の横浜流星(23)が主演する舞台『巌流島』(8月6日~11日、東京・明治座)の公式サイトが21日、東京公演の中止を発表した。
 サイトでは「横浜さんはこれまで稽古には3日間、参加されておりました。現在、キャスト、スタッフなどの接触状況を確認中です。保健所の判断に従い、随時、必要な対応をして参ります」と報告。
 この状況を踏まえ、「キャスト、スタッフ、そして、お客様の安全を考え、また、今後の稽古続行は難しいと判断し、協議を重ねました結果、東京公演を取り止めさせていただきます」と決定した。
 東京公演後の地方公演については「現在検討中です」としている。
 横浜の事務所は21日、公式サイトで「当社所属の横浜流星が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました」と発表。20日の稽古終了直後の検温では発熱はみられなかったが、帰宅途中に倦怠感から検温したところ発熱症状が見られ、医療機関を受診し抗原検査、PCR検査を受け、同日深夜に抗原検査で陽性との検査結果を受けたことを明かした。