乃木坂46、新曲「Route 246」2年ぶり“復帰”小室哲哉と初タッグ 今作センターは齋藤飛鳥に

視聴回数1,425,488

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

 アイドルグループ・乃木坂46の配信限定シングル「Route 246」(ルート・ツー・フォーティシックス、7月24日発売)の作曲・編曲を、2018年1月に芸能界引退を表明した小室哲哉氏(61)が担当したことが明らかになった。小室氏が公に楽曲提供をするのは、ラストアイドルの2ndシングル収録曲「風よ吹け!」(18年4月発売)以来、2年3ヶ月ぶりとなる。
 作詞・秋元康×作曲・小室哲哉のタッグは、やしきたかじん「その時の空」(2010年11月発売)以来、約10年ぶり8作目。秋元氏が総合プロデュースを手がけるAKB48グループ、坂道グループの楽曲では初となる。
 旧友の秋元氏から「曲を書いてよ」と1年間背中を押され続けたという小室氏は「悩みに悩んで」楽曲を提供。2年3ヶ月ぶりとなる“復帰作”について「今回のコンセプトは友情でした。友人の期待に応えたい一心で今作を作りました。一貫した、らしさは表現されているのでは?と感じています」と振り返った。
 秋元氏は「いろいろな事情はあるのでしょうが、何とかもう一度、小室哲哉に音楽に携わる機会を持って欲しいと思いました」と“ラブコール”を送り続け、小室氏の心を動かした。「ブランクがあった分、なかなか、思うようなイメージのものが書けないようでした。結局、7回も書き直しをしてもらったのですが、その作業すら楽しそうでした」と共作裏話を明かした。
 小室氏は先月11日深夜、秋元氏がプロデュースするTOKYO FMの番組『TOKYO SPEAKEASY』(月~木 深1:00)で2年4ヶ月ぶりにメディア出演し、古市憲寿氏とトーク。表舞台への復帰は否定しつつも「オンラインの中で生きる曲みたいなのを、残してみたいかなっていう気持ちになっているかも」と話した経緯もあった。
 今作でセンターを務める齋藤飛鳥は「もともと小室さんのファンだったので、小室さんが乃木坂46のために曲を作ってくださったことが何よりもうれしく、また楽曲も“小室さん感”があふれていて、個人的に本当にうれしかったです」と喜び、「この楽曲の曲調と乃木坂46の組み合わせで、どう化学反応が起こるか楽しみです!」とリリースを心待ちにしている。
 国道246を彷彿とさせる「Route 246」は、ニッポン放送で22日深夜に放送される『乃木坂46のオールナイトニッポン』(毎週水曜 深1:00)で初オンエア予定。24日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』3時間半スペシャルで初パフォーマンスの予定となっている。