錦鯉、初PRイベントで大暴れ

視聴回数1,905,728

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

長谷川雅紀(49)と渡辺隆(42)からなる、お笑いコンビ・錦鯉が25日、都内で行われた映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』(2021年1月1日公開)の公開記念イベントに参加。アラフィフにして人生初のPRイベントに登壇した。
 「ゾンビ映画は観ますか?」という質問に対して長谷川は「僕なんかは昔からよく観てました。中学校の頃とか、学校帰りの友達の家の茶の間でゾンビ映画観てて、友達のおじいちゃんがいたんですよ」と『M-1』でも披露したパチンコネタの構えに。エピソードも話すも渡辺が「なんなんだよ、そのおちそうでおちない話!」とツッコまれていた。すると司会から「それをお話するときはパチンコ台の形になっちゃうんですね」と言われると長谷川は「癖で!」と笑い飛ばしていた。
 『M-1グランプリ2020』のファイナリストに名を連ね、49歳の長谷川は歴代決勝進出者の中で最年長となった。20日の生放送でも、存在感を発揮。長谷川のパチンコ台になりたいという、ぶっ飛んだネタで勝負。笑いをかっさらったが、惜しくもファイナルステージに進出することはできず。それでもダウンタウン・松本人志から「仮に優勝できなくても、来年にかけて、いろんなところで引っ張りだこになるだろうなと思いました」とブレイクを予感させる一言をもらっていた。
 「こんにちは~」と元気よく登場した長谷川は『M-1』の反響について「終わってからテレビのお仕事もやらせてもらった。現場でほかの芸人とお会いした時に『面白かったよ』、『よかったよ』とかの声はたくさん聞きました」と明かす。渡辺も「親戚も増えましたね。親戚を名乗る知らない方から連絡をいただきました。ツイッターで男性の方から『好きです』というダイレクトメッセージがめちゃくちゃ来るようになりました」と“ブレイクあるある”を語りながら振り返っていた。
 同映画は、前作『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2017年公開)の感染爆発から4年後の世界が舞台。カン・ドンウォン演じる元軍人のジョンソクが、人間を凶暴化させる謎のウイルスがまん延したソウルで、決死の脱出を図るさまを描く。長谷川は「彼女がいるんですけど大阪にいる。年明けに会えたら一緒に行きたい」と笑顔で見せていた。