中村倫也のカリスマ「窪塚洋介」に畏れ多い存在

視聴回数1,927,088

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の中村倫也(34)、窪塚洋介(41)、女優の北川景子(34)が12日、都内で行われた映画『ファーストラヴ』(2月11日公開)の完成報告イベントに参加。同い年ならではのやり取りで、和気あいあいとした空気でトークした。
北川演じる公認心理師の真壁由紀の義理の弟で敏腕弁護士の庵野迦葉を務める中村は共通点を問われると「顔や身長や髪質かな。有能な弁護士の髪質かな」とちゃめっ気たっぷりに返答していた。
中村と北川は同い年。北川は「同い年の役者さんと共演させていただくことって結構なくて。ちょっと下か、ちょっと上の方が多かった。同い年と知って、クランクインの前からフランクな感じで行っていいのかなって。初めて会う方には緊張してしまうんですが、今回はあまり緊張しませんでした。同級生って感じがしました」とにっこり。中村も「話していても『あの時のあれ』が通じる」と意気投合したそうで、北川は「見てきた作品も一緒。窪塚さんは『カリスマで緊張するね』って話していた」と撮影を懐かしむ。これに驚いたのは窪塚で「直接、言って、そういうのは。無視されているのかと思った」とニヤリとしていた。
一方の中村は北川について「もっとツンケンしているのかと思った」とぶっちゃけ。北川は「してますよ」といたずらっぽく笑うと中村は「ツンケンしてるの? 気付いてなかった」と微笑ましいやり取りで和ませる。そして中村は「オープンなマインドを持っている方。すごく真面目でストイック。求められることに対しての意識が高い。それがステキで僕と真逆。芳根(京子)さんも、そう。爪の垢を煎じて飲みたい」と大絶賛で最終的には「あとで爪の垢をください」とトークし、笑わせていた。
また、窪塚とは兄弟役の中村は「オファーをいただいたときに断ろうかと思ったぐらい本当に恐れ多い…」と恐縮し「いちファンというフワフワしたのを出さないようにした。光栄でした!」と喜んだ。窪塚は「初日が中村くんと北川さんと一緒のシーンだった。正直、驚愕した。偉そうですけど、こんなに、できるのと。まゆげをピクっとか、瞬きも覚えているんだろうというぐらい全てが自分のコントロールの中の芝居。ケツを叩かれるような。役者って面白いけど怖いな、負けたくないなと思ってしまった。頭がよくて、顔もよくて、面白い。そりゃ女はほれるわと思いました」と称賛の声。憧れの存在からの褒め言葉に中村は「酔っぱらっちゃいました。うれしはずかしオーマイハート。きょう、死ぬのかな…」と照れ隠ししていた。
「動機はそちらで見つけてください」と、アナウンサー志望の女子大生が父親を刺殺する場面からスタートする島本理生氏の原作小説は、累計発行部数30万部を超えるベストセラーに。北川が演じる公認心理師の真壁由紀は、事件のドキュメンタリー本執筆の依頼を受け、容疑者・聖山環菜(芳根)と面談を重ね、二転三転する供述に翻ろうされながらも彼女の心理に迫る。やがて由紀自身がしまいこんでいたある過去の記憶にも結び付く、意外な真相が浮かび上がっていくサスペンスミステリー作品。