高良健吾、イケメンすぎる小学生時代の写真に香里奈が思わず「絶対モテたでしょ?」

視聴回数693,983

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の深川麻衣、香里奈、俳優の高良健吾が13日、都内で行われた映画『おもいで写眞』(29日公開)の完成報告会見に出席。
 タイトルにかけて、思い出の写真を公開することに。小学校の入学式の1枚を披露した高良は「なんで、これを選んだかというと自分はO脚なんですけど、このころはO脚じゃなかった。O脚じゃなかったころの思い出です。小6ぐらいにはO脚だったんで」と照れ隠し。深川は「顔もキリッとしつつかわいらしい。でも、足に目が行きましたね。すごく美脚」と絶賛。香里奈は「イケメンは小さい時もイケメンなんですね。絶対にモテたでしょ?」と水を向けたが、高良は「なかったと思うなぁ…」と苦笑いを浮かべていた。
 原作は、メガホンをとった熊澤尚人監督が「人が生きる豊かさと年を重ねる美しさ」を紡いだ同名の小説。深川が演じる結子は、東京でメイクアップアーティストを目指すが、頑固な性格が災いして、仕事をクビになってしまう。その中で、母の代わりに育ててくれた大切な祖母が亡くなった知らせが届き、後悔にさいなまれ、故郷へ戻ることを決断。幼なじみの星野(高良)から、「遺影」撮影の仕事を頼まれ、最初は敬遠していたが、和子(吉行和子)との出会いからそれぞれの思い出あふれる場所で写真を撮る「おもいで写真」を撮り始める。