バイデンVSトランプ再対決確実に、有権者からは失望の声「ガッカリだ」

視聴回数1,953,729

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ロイター映像ニュース

予備選と党員集会が集中的に実施された5日のスーパーチューズデーでは、共和党のトランプ前大統領が15州中14州を制した。これらの結果を受けて、トランプ氏が共和党候補指名を獲得し、11月の本選で民主党の現職大統領バイデン氏と再び対決する可能性が高まった。再対決となれば1956年以来となる。ただ世論調査によると、それを望む米国民はほとんどいないようだ。