1万年前の人骨からピアス トルコの遺跡で発見、通過儀礼などに使用か

視聴回数906,029

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ロイター映像ニュース

トルコ南東部にある1万1000年前の遺跡の墓地で、人骨の口と耳の周りから石の装飾品が発見された。考古学者はピアスだと考えており、人類が先史時代から体に穴を開けて装飾を身に着けていたことが判明した。成人の骨とみられ、通過儀礼や、集団における別の役割の始まり際し使われた可能性があるという。