超音速旅客機コンコルドが「化粧直し」、ハドソン川経由で博物館へ帰還

視聴回数1,384,219

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ロイター映像ニュース

退役した超音速旅客機「コンコルド」が3月14日、米ブルックリン海軍造船所での研磨と再塗装を終え、マンハッタンにあるイントレピッド海上航空宇宙博物館に戻った。英仏共同開発によるコンコルドは2003年に退役し、同博物館で展示。補修のため、23年8月から造船所へ一時的に移されていた。