韓国出生率、23年に過去最低を更新し0.72に 今世紀末には人口半減も

視聴回数1,343,211

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ロイター映像ニュース

韓国統計庁は2月28日、女性1人が生涯に産む子どもの推定人数を示す合計特殊出生率が2023年に0.72だったと発表した。既に世界最低水準だった22年の0.78から低下し、過去最低を更新した。出生率が1を下回るのは経済協力開発機構(OECD)加盟国で韓国のみ。5100万人の人口は、今世紀末までに半分になる勢いで減っている。