アルゼンチン南部パタゴニアで南米最古の洞窟壁画、8200年前の絵か

視聴回数246,851

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ロイター映像ニュース

アルゼンチン南部のパタゴニア地方で、8200年前にさかのぼる南米最古の洞窟壁画を考古学者が発見した。895枚あるという。そのうちの4枚は羽のモチーフで、木炭で描かれていることが分かった。