月はどう管理すべきか?法的論争が活発化、遺灰やポカリの容器送る計画も

視聴回数1,065,912

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ロイター映像ニュース

米航空宇宙局(NASA)が月へのアクセスを身近なものにしようと取り組む中、人間の遺灰やスポーツドリンクの容器の保管など、従来とは異なる民間資金による月探査計画が、近年活発化している。