2020_0826_スマートコーヒーメーカー

視聴回数311,757

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

あなたは1日にどれくらいコーヒーを飲みますか?
目覚めのモーニングコーヒーから仕事の合間のコーヒーブレイク、リラックスしたい時や食後の1杯と生活の中でコーヒーを飲むタイミングは意外と多い。
コーヒーの香りで癒されリラックスしたり、飲むことでやる気のスイッチが入ったりもする。
そんな良いことだらけなコーヒーも飲もうと思うと意外とやらなければいけないことが多いことに気づく。
すぐに思いつくだけでも
・お湯を沸かす
・豆を挽く
・ドリッパーを準備する
・お湯を少量ずつ注ぎドリップする
と多くのハードルが待ち構えている。
これだと「コーヒーが飲みたい」よりも「面倒だな」と思ってしまうことも少なくない。
水と豆をセットするだけでOK
そんな悩みを解決してくれるが「+Style(プラススタイル)」がお届けする全自動コーヒーメーカー「+Style ORIGINAL スマート全自動コーヒーメーカー」だ。
使い方は簡単
・コーヒー豆と水をセット
・ボタンを押す
たったこれだけで、挽きたての香り高いコーヒーを6杯(マグカップは2杯)淹れることができる。
これなら面倒だと感じていた多くのハードルも軽々飛び越え本格コーヒーを楽しめそうだ。
フィルターには紙ではなくステンレスを採用している。そのためコーヒー豆の油分ごと抽出でき、コク深いコーヒーを楽しむことができる。
挽き立ての豆からだけでなく、粉からもコーヒーが淹れられる。濃さも2段階で調整できるので自分好みの1杯を楽しめる。

スマホアプリやスマートスピーカーと連動
これまで多くのIoT製品を世に送り出してきた+Style。このコーヒーメーカーにはそんな+Styleならではの機能が盛り込まれている。
その機能の1つがスマホアプリを使ってコーヒーメーカーを起動できる機能だ。
コーヒー豆と水をセットした状態であれば、スマホからアプリを使ってコーヒーメーカーを起動できる。電源のON/OFFやコーヒーの濃さ、杯数を指定も可能だ。
この機能を使えば別の部屋からや帰宅前であってもコーヒーを淹れられる。帰宅しドアを開けると淹れたてのコーヒーの香りが部屋に漂う、そんな使い方もでき日々の生活を少し豊かにしてくれる。
2つ目はスマート(AI)スピーカーとも連携できるという機能。
声が届く場所であれば「コーヒーメーカーつけて」とスピーカーに語りかけるだけで美味しいコーヒーが楽しめる。朝のまどろむ時間に寝室からスマートスピーカーに語りかけるだけでモーニングコーヒーを1杯オーダーといったことができる。
スタイリッシュでコンパクト お手入れも楽々
スタイリッシュでコンパクトなボディはキッチンやダイニング、オフィスに置いても主張しすぎないデザイン。どんなインテリアにも自然に溶け込める。
一体となったミルとドリッパーはワンタッチで外れ、お手入れも楽々。紙フィルターを使用していないのでゴミも少なくなる。
また、水を入れるタンクも外して洗浄できるので清潔な状態を保てる。
・ ・ ・
IoT技術が人とモノをつなげることで、さりげない幸せがあふれる豊かな未来が待っている。

スマート全自動コーヒーメーカー
+Style