指に着けるだけで発電!?次世代型ウェアラブル発電デバイス「Fingertip-powered wearable」

視聴回数460,049

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

カリフォルニア大学の研究チームが開発した発電デバイス「Fingertip-powered wearable」。なんと指に着けるだけで発電できるという驚きのテクノロジーだ。
指先の汗と圧力から電力を発生
指先には1000以上の汗腺があり、他の部位に比べて100〜1000倍もの汗をかくと言われている。「Fingertip-powered wearable」はまさにその指先の汗を利用して発電する。
仕組みは次の通り。
デバイスに搭載されているカーボン電極には、汗に含まれる乳酸と酸素分子で化学反応を起こし電気を発生させる酵素が搭載されている。このデバイスを指先に絆創膏のように巻きつけて装着することで、カーボン電極のパッドが汗を吸収し電力を発生させるのだ。
指は自然に汗をかくため、着けているだけで発電が可能。実験では、1本の指に装着し10時間寝ていただけで、約400ミリジュール、電子腕時計24時間分程度の電力を収集したという。
さらに、カーボン電極の下には小さな圧力で電力を発生させる圧電素子チップも搭載。たとえばタイピングやマウスのクリック、ピアノ演奏などの動作でも発電できる。
不快感のない着け心地・10本全部装着も可能
デバイスは薄く柔軟性があり、指先に着けても不快感なく過ごせる。全ての指に着ければ発電量も10倍に。
収集できる電力量は決して大きくはないが、実質何もせずに発電できるメリットは大きい。将来的には、心拍数や血糖値などの測定センサーと組み合わせた活用などが見込まれている。
・ ・ ・
ただ日常生活を送っているだけで発電できる未来がやってくる?