クロスやコードが危ない 熱湯によるやけどに注意

視聴回数1,233,567

※ 視聴回数について

MAMADAYS - ママデイズ -

はいはいなど自分で動けるようになってきた子どもがいるご家庭で気をつけて欲しいやけどの事故。
手に届かないところにあるから大丈夫!と思っていては危険です。
コードやクロスを引っぱることがあるので、注意ポイントをチェックしておきましょう!
■テーブルクロスの注意ポイント
子どもが引っぱって、熱湯の入った容器(お茶、味噌汁、カップ麺など)を倒す原因になります。
■ケトルやポットの注意点
コードを引っ張ったりして倒してしまい、熱湯を浴びてやけどをしてしまうことがあります。
お湯が出ないように必ずロックをして、子どもの手の届かないところに置きましょう。
炊飯器から出る蒸気に触れてやけどをすることがあるので注意しましょう。
■参考
事故防止ハンドブック〜子どもを事故から守る!!〜(消費者庁)