プラス食材で栄養価アップ 乾物おにぎり3選

視聴回数342,800

※ 視聴回数について

MAMADAYS - ママデイズ -

授乳中は片手で食べられるおにぎりを作っておくと、育児の合間に食べられて重宝します。
長期保存できる乾物をおにぎりにプラスして、栄養価をアップさせました。
冷凍しておけば食べたいときに手軽に食べられます。ぜひお試しください。
■白ごまきなこ 材料(おにぎり小2つ分)
・ごはん 180g
・A白すりごま 小さじ2
・Aきな粉 小さじ2
・A塩 ひとつまみ
■作り方
1.ごはんをラップで握っておにぎりを作る。
2.器にAを入れて混ぜ合わせ、1を加えてまぶす。
■桜えびと青のり 材料(おにぎり小2つ分)
・ごはん 180g
・桜えび 2g
・青のり 小さじ1
・塩 ひとつまみ
■作り方
1.ボウルに材料を全て入れて混ぜ合わせ、ラップで握っておにぎりを作る。
■香ばしおかか 材料(おにぎり小2つ分)
・Aかつお削り節 小1パック(2.5 g)
・A醤油 小さじ1/2
・ごはん 180g
・ごま油 小さじ1/2   
■作り方
1.ボウルにAを入れて混ぜ合わせる。
2.1にごはん、ごま油を加えて混ぜ、ラップで握っておにぎりを作る。
■対象
おとな(授乳中のママ向け)〜召し上がっていただけます。
※子どもが食べる場合は年齢に合わせて食材の大きさや味付けを調節してください。
■保存する場合
冷蔵保存:1〜2日以内に食べきる。食べる前に電子レンジなどで再加熱する。
冷凍保存:ラップに包んで冷凍保存用フリーザーバッグに入れて保存し、2週間以内を目安に食べきる。食べる前に電子レンジなどで再加熱する。
※作ったものは常温のまま長時間放置しないでください。雑菌が増える原因になります。
※清潔な保存容器を使用してください。
※解凍したものの再冷凍はしないでください。雑菌が増える原因になります。
(期間の記載は目安となっております。環境によって保存期間に差が出る場合があります。匂い、味、色、食感が少しでもおかしいと感じたら廃棄してください。)
監修者:管理栄養士(MAMADAYS編集部)