里崎智也がプロ野球選手は現役を引退したら早く野球界に見切りを付けて、別の仕事にチャレンジすべきと語る理由とは!?【元 千葉ロッテマリーンズ】

視聴回数4,550,502

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ラブすぽ

【ロッテ】現役を引退したら早く野球界に見切りを付けて、別の仕事にチャレンジするべき!!≪里崎智也さんオンライントーク≫
プロ野球選手を引退した後の人生について、里崎智也さんの持論を展開してもらった。
結論から言えば「プロ野球界には未練を持たず、別の場所でしっかりと働いた方が幸せ」と里崎智也さんは言う。
引退後に監督、コーチ、解説者などで収入があるのは一握りの人達だけ。
しかも、その状況だっていつまで続くか分からない不安定なもの。
バッティングピッチャーなどで残るという方法もあるが、それもいつまで雇ってもらえるかなんて全く保証のない世界。
だったら、一般企業に就職したほうが幸せになる可能性が高いと話す里崎智也さん。
ロッテで言えば、川本良平はアパホテルの東京本部法人営業部チーフマネジャー。
青松慶侑はソニー生命保険で営業所長となっているとのこと。
プロ野球という華やかな世界にいたいのは誰しも希望すること。
しかし、家庭を持ったりすれば夢だけでは生きてはいけないのも現実。
そういったことまで考えている里崎智也さんは本当に「生きることのプロ」だ!!