千葉ロッテマリーンズ松川虎生が語る佐々木朗希投手の優れた点【ラブすぽ独占インタビュー】

視聴回数1,141,085

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ラブすぽ

千葉ロッテマリーンズの高卒1年目捕手、松川虎生(こう)。今シーズン76試合に出場し、様々な投手の球を受けてきた。
佐々木朗希投手の優れた点に関して問うと「初回からテンポよく真っすぐを投げてきてくれるし、一方で走者を背負うと自ら配球を考えることができる」「ピンチになるとギアが上がる凄い投手」と答えてくれた。
美馬学投手も松川虎生捕手のテンポの良さを指摘していたと話したところ、高校時代からテンポは意識しており、バッターのタイミングにならないように考えていたことを明かしてくれた。
将来的な目標としては、143試合すべてに出場し日本一になること、とハッキリ答えた松川虎生。来シーズン、ファンの期待に応えるべく、さらなる活躍を見せて欲しい。
※動画内に松川選手の誕生日が「10月18日」とありますが「10月20日」の誤りです。お詫びいたします。申し訳ありません。
取材日:22年9月13日 協力:千葉ロッテンマリーンズ インタビュアー:菊地高弘