2ストライク目はカーブで取れ!? 鶴岡慎也が盗みたくても盗めなかった高谷裕亮&甲斐拓也の遙か上を行く細川亨の配球の妙とは?【元 ソフトバンクホークス/日本ハムファイターズ】

視聴回数2,635,338

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ラブすぽ

【ソフトバンク】2ストライク目はカーブで取れ!? 鶴岡慎也さんが盗みたくても盗めなかった細川亨の配球の妙とは?
鶴岡慎也さんがソフトバンクに在籍した2014~2017年、1軍にいたキャッチャーは細川亨、高谷裕亮、そして新人だった甲斐拓也だ。
そのなかでも細川亨は凄かったという。
具体的にはカーブをはじめとする緩いボールの使い方が上手かった。
カーブが苦手なピッチャーの時でもカーブを有効に使える。
特に「2ストライク目をカーブで取ることができて追い込めたら、次はストレートでも落ちる系のボールでも打ち取れる」と細川亨は言っていて、実際にそうだったという。
しかし、ここからが野球の難しいところ。
同じような配球を鶴岡慎也さんがやっても打たれてしまったというのだ。
ただ同じようなことをするだけではダメだった細川亨だけが持っている配球の方程式があったはずだと鶴岡慎也さんは言う。
ただ、その方程式を盗みたくても最後まで盗みきれなったとのこと。
キャッチャー、そして配球というものはとても奥が深い。