ゴルフスウィングはテークバックをスタートさせる「きっかけ」が大事な理由とは!?/『菅原大地の“サイコースウィング“で飛ばせ!』より

視聴回数699,621

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ラブすぽ

【菅原大地】右足太モモ裏に力を入れてテークバックを開始する/『菅原大地の“サイコースウィング“で飛ばせ!』より
〝静〟から〝動〟に移らなければいけないゴルフスウィングにおいて、テークバックをスタートさせる「きっかけ」は大事です。
私がオススメしているのは、右足太モモ裏に力を入れることをきっかけにする方法です。
正しい前傾姿勢を取っていれば、構えた時点で右足太モモ裏にはハリがあるはずですが、そこにさらに力を入れる。そうすれば右足に体重が乗り、右サイドに壁ができた状態になって、腰が右に流れるのを防ぐことができるからです。
また、テークバックにおける下半身は、クラブが右に動いた瞬間に左に戻るための抵抗を始める必要があるのですが、右足に力を入れることによってその抵抗が生まれ、切り返しからダウンスウィングでの強い蹴りに繋がります。
そういう点からいっても、このきっかけがスウィングの成否を決めるといっても過言ではありません。
しっかり右足太モモ裏に力を入れてから左肩や左胸を回し始めるようにしましょう。