コックやタメが簡単にできる!「指だけグリップ」練習法とは!?【大人のやり直しゴルフ学/高野裕正】

視聴回数618,463

※ 視聴回数について

ラブすぽ

グリップではできるだけゆるゆるで握った方が良いという教えがあり、「小鳥を手の中で潰さないように」などと言われますが、このイメージを勘違いしている人が多いです。実際にはもっと強い負荷がかかるため、ゆるゆるでうまくいく人は問題ないのですが、多くのゴルファーはゆるゆるのイメージではクラブをグリップする役割が果たせません。手はグリップを通じて人間がクラブに負荷をかけていく唯一の部位なので、ゆるすぎると支えどころがわからずに肩に力が入りやすいし、腕を固めてクラブを持ってしまうことなどにもつながり、それがコッキングや、タメを作る感覚を難しくしてしまいます。