2桁勝利投手6人を擁して日本一になった2005年のロッテ、入団2年目の成瀬善久が近いうちにクビだと思った理由とは!?【千葉ロッテマリーンズ】

視聴回数121,677

※ 視聴回数について

ラブすぽ

成瀬善久投手がロッテに入団した2年目。
1年目に続き、2年目も1軍での登板はなかった。
その2005年はロッテが日本一。
チームには二桁勝利先発投手が6人いた。
清水直行、渡辺俊介、小林宏之、小野晋吾、久保康友、セラフィニ。
チームが日本一になったときに成瀬善久投手は思ったという。
この6人が盤石なので自分が先発ローテーションに食い込む余地はなく、あと数年後にクビになるだろうなと…。