秋山翔吾が左投手でも試合に出る為にメジャーで挑んだ試行錯誤とは!?【シンシナティ・レッズ/元西武ライオンズ】

視聴回数154,811

※ 視聴回数について

ラブすぽ

2020年シーズン、左ピッチャーが先発の時にスタメンを外れることが多かった。
とはいえ、秋山翔吾の頭には「シンシナティ・レッズは自分のために何億円も使った」という事実が大きくあったという。
「何億円も使ってもらった選手なのだから、左ピッチャーが打てない選手」ではダメだという気持ちが強かったという。