北京オリンピックでのエラーから野村克也監督がG.G.佐藤を救った言葉とは?【西武ライオンズ】

視聴回数662,348

※ 視聴回数について

ラブすぽ

2008年の北京オリンピック。
侍ジャパンに選出されたG.G.佐藤さん。
星野仙一監督は「日本を代表する最強の布陣」「金メダルしかいらない」と宣言していた。
しかし、結果は4位だった。
G.G.佐藤さんは準決勝、3位決定戦で大エラー、帰国して「A級戦犯」とマスコミに叩かれた。
野村克也監督の亡くなる1週間前にG.G.佐藤さんは会う機会があったという。
そこで、救われるような言葉をもらったと話してくれた。
はたして何と言ってもらったのだろうか?