広瀬アリス、関ジャニ大倉忠義との熱愛報道後初公の場 報道陣からの質問に笑顔で対応

視聴回数1,880,851

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の広瀬アリス(27)が、最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第33回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の20代部門に選出され、13日、都内で行われた表彰式に出席。式後に報道陣の取材に応じ、今月10日に一部で人気グループ・関ジャニ∞の大倉忠義(36)との交際が報じられ、去り際に「大倉さんと幸せですか?」と問われるも「ありがとうございます」とほほ笑み、明言を避けた。
 交際報道後、初めて公の場に姿を見せた広瀬は、赤のドレス姿を披露し、会場を魅了。受賞のスピーチでは「このような伝統のある賞を受賞できたこと、本当に光栄に思います。私が初めてのジュエリーは、10代の頃に母から誕生日にいただいたもので、今でも宝物です。すてきな賞をいただいたので(そのジュエリー)付けてみようかなと背中を押されました。これからもジュエリーのように輝いた女性になりたい」と、声を弾ませた。
 囲み取材では、恋愛に関する話題に質問が集中。最も輝く女性として評されたことを引き合いに「ジュエリーの輝き? それとも恋?」と水を向けられると「ジュエリーです」と即答。理想のジュエリーについて「ネックレスはすてきだなと思いますけど、お仕事が忙しいとつける機会もなくて…」と話をふくらませたときにも、女性リポーターが「例えば指輪とかは?」とポツリ。これにも「自分で買ったほうがうれしい。ご褒美のイメージですね」と笑顔を崩すことなく、さらりと交わしていた。
 そのほか、同賞10代部門に女優の芦田愛菜(17)、30代部門に女優の佐々木希(33)、40代部門にモデル・タレントのアンミカ(49)、50代部門に女優の真矢ミキ(57)、60代以上部門に女優の宮崎美子(63)、男性部門に俳優の北村匠海(24)、特別賞に元プロ卓球選手の水谷隼(32)が輝いた。