花澤香菜、親子連れ舞台挨拶で天然発言「みんな韓国ドラマはお好き?」 『愛の不時着』ヒョンビンに心を奪われたと明かす

視聴回数2,288,855

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

声優の花澤香菜が16日、都内で行われた映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』(21日公開)のファミリー試写会に出席した。
 出会った時は、赤くてちっちゃいかわいい子犬。一夜明けたら、子犬のままでっかくなっちゃった!? アメリカの児童文学作家ノーマン・ブリッドウェルが1963年から発表し始めた児童文学作品を原作に、映画史上最もでっかい赤い子犬が現代のニューヨーク・マンハッタンを舞台に巻き起こす大騒動と、少女とのかけがえのない絆を描く。
 花澤は、チャーミングで憎めないクリフォードに大きな愛情を注ぐ、大切な相棒となる主人公の女の子・エミリーの日本語吹替版キャストを担当。大の犬好きであることから起用されたが「犬好きですが、実は犬猫アレルギーなんです」と告白した。
 さらに「小さい頃に飼っていたんですが(アレルギーが判明し)おじいちゃんのお家に預けて会いに行くという日々でした。切ないです…」と嘆きながら回想。それでも今作の見どころを熱弁すると「アレルギーを持っている人でも、この作品でワンちゃん欲を満たせると思います」と明るくアピールした。
 イベントにはそのほか、本作の予告ナレーションと応援インフルエンサーを担当する手品師・マギー審司も出席。鉄板ネタ「耳がでっかくなっちゃった!」で、会場の子どもたちを笑わせていた。