ヒロシ、個人事務所経営の苦労明かす

視聴回数1,989,843

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

お笑い芸人のヒロシが18日、都内で行われたfreee『起業時代』創刊記念CM発表会に出席した。現在は「社員は1人、2人かな、タレントは1人」という個人事務所を運営し、YouTubeのキャンプ動画などで脚光を浴びたヒロシだが「独立しても、自分で全部やるので結構大変」と苦労を明かした。
 まず、独立した当時の心境を聞かれ「自分のやりたいようにやりたかった」と振り返る。「当時は失うものがなにもなかった一発屋で仕事もなかった。いてもいなくても一緒だ、と。独立していて、よかったのは、自分が好きに決められる」とメリットも実感。
 一方で「でも独立しても自分で全部やるので結構大変。こんなに大変なことを事務所がやってくれてたんだ、と。契約書を書いたり弁護士に頼んだり…面倒くさい。仕事してお金を払ってくれない会社があるとか。こんな大変なことをやってくれてるのかと事務所のありがたみを感じました」と苦笑しながら、裏側を語った。
 現在はキャンプの仕事で大忙しだといい「とにかく休みたい」と本音も。「キャンプの仕事は道具の準備が必要。家で準備して、ロケで使って家で洗って…それが立て続けると準備する時間がなくなる。テントは濡れたらほったらかすとカビが生えたりするので干すのも場所をとったり…そういうのも含めキャンプの仕事なので大変」と嘆く。
 少人数精鋭で回している自身の事務所だが「会社を大きくしようとは欲ない。社員と自分とタレントが生きていければいい。デカくしようという野望はまったくない社長です。タレントを増やすのは面倒くさいです」とぶっちゃける。「タレントの給料計算も自分でやってる。手間が増えるので、最初は増やしたいのもありましたけど、いまはもういいかな。今年の目標は“休”で行きたい。去年までは忙しかった。今年はどうなるか…」と思案していた。