『仮面ライダーW』“若菜姫”飛鳥凛、久しぶりの特撮現場に「帰ってきたな」 セイバーキャストが8年後の役衣装で登場!

視聴回数2,563,250

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の内藤秀一郎、山口貴也、青木瞭、女優の川津明日香、飛鳥凛、上堀内佳寿也監督が12日、都内で行われたVシネクスト『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』の完成披露舞台あいさつに参加した。
 飛鳥は、賢人(青木)との結婚を控える恋人・立花結菜役で出演。『仮面ライダーW』で仮面ライダーと敵対する園咲家の次女・“若菜姫”こと若菜でも話題となった飛鳥は久しぶりの仮面ライダーの撮影現場で「撮影に入ると『帰ってきたな』という感じがした。監督もプロデューサーさんも『W』の時に一緒だったので」と感慨を語る。
 さらに、『W』で若菜姫はクレイドール・ドーパントとなる。「土偶になっていたんですけど、その時のアクターだった藤田(慧)さんも現場にいらっしゃっていて懐かしかった。楽しくて、うれしかったです」と笑顔で撮影を懐かしんでいた。
 また、本作は『セイバー』テレビシリーズから8年後が舞台。8年後のイメージを問われると飛鳥は「『W』は10周年でキャストみんなで集まった。8年後は20周年。また、みんなで集まって写真を撮って、SNSに上げたり、思い出話に花を咲かせたい」と思い描き、会場から大きな拍手を受けていた。
 本作は、昨年8月に最終回を迎えた『仮面ライダーセイバー』のテレビシリーズから8年後を描く物語。『セイバー』にとっては初の単一劇場作品となる。28日から映画館で期間限定上映を行い、5月11日にBlu-ray&DVDがリリース。通常版のほか、作中で登場する変身アイテム「DXアラビアーナナイト&月光雷鳴剣黄雷エンブレム」と「アメイジングセイレーンワンダーライドブック」が付属した【DXアラビアーナナイト&アメイジングセイレーンセット付属版】も同時発売となる。