志尊淳、渋谷で10人に無視され続け「メンタル持たない」苦い思い出告白

視聴回数2,450,121

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の有村架純(28)と俳優の志尊淳(26)が16日、都内で行われたドキュメンタリー映画『人と仕事』(10月8日公開)完成報告トークイベントに登壇した。
 本作は、有村と志尊が、新型コロナウイルスに打ちひしがれた日本の職場で働く「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる保育士や介護福祉士、農家や、声なき仕事人たちの現状をレポートしたもの。2人は、役ではなくそのままの自分としてスクリーンに登場し、さまざまな職業を体験し、演技ではなく、ありのままの言葉や表情で、職場が直面する問題に触れ、現代社会の陰影を浮き彫りにする。
 2020年9月某日の午前2時、渋谷の街を志尊が歩きながら、ゲリラ的に街頭インタビューを行う光景からスタートする本作。
 メガホンをとった森ガキ侑大監督と渋谷を訪れたという志尊は「10人くらいに無視されたんです。それが心が痛くて…。見向きもされなかったです。『なんですか?』という顔で見られたり。こういう気持ちで街頭インタビューをされているんだなと。メンタルがもたないので『帰りたいです』と言ってました」と当時を振り返った。
 それでも、本作を通して、普段はインタビューを受ける側から“する側”となったことで「僕は、自分に興味を持っていただいたり、好きなものや作品を知っていただけるとうれしいので、その方の職業を調べるなど、できる限りをするようにしました」と自分がされてうれしいことを実践。取材を通して「インタビューをしてくださっている方に感謝だなと思いました」とも語った。