ムロツヨシ、“娘役”中田乃愛との温度差に傷心?

視聴回数1,261,397

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優のムロツヨシが初主演映画『マイ・ダディ』(公開中)公開初日舞台あいさつに登場。
 同作でムロツヨシは周囲を惹きつける人柄の良い・小さな教会のお人好しな牧師、御堂一男を演じる。愛する妻・江津子(奈緒)に先立たれ、娘・ひかり(中田乃愛)と二人暮らし。一男はバイトを掛け持ちするという、決して楽でも裕福でもないながらも、何気ない日常・毎日を幸せに感じていたが、ある日、ひかりが白血病であることを宣告された。更には、一男とひかりの間に親子関係が確認できなかったという、衝撃の事実が告げられた。絶望する一男だったが、愛する娘・ひかりを救う、たった一つの方法である“血の繋がった本当の父親を探す”ことを決意する。
 コメディの印象の強いムロだが、今作では白血病に倒れた、血のつながらない娘の命を救うために奔走する主人公・一男として直球に、シリアスな芝居にも挑戦。「コメディとかだと、自分に近づけたり成功例をミックスするんですけど、今回は全部捨てた。頑張ったとも言えないですが、一番苦しい作品でした。苦しいということも、役者をやるとこういうふうに達成感とは違う、『役者やってるな』と思った帰りの日がありました。いつもどんな手段をとっても、人の笑い声をとるというのは違った感触を味わいました」とかみしめた。
 また、イベントには“家族”である中学生の娘・ひかり役の中田乃愛、8年前に他界した最愛の妻・江津子の奈緒も出席。ムロはアクリルパネル越しの中田に、しみじみとしながら「(撮影時は)17歳の女の子にさ、髪の毛を全部切らせて、そらせて、それを初めて観たとき、くぅ…ってなったし久々に見たら髪の毛伸びたなっつって…よく頑張ってくれました」とねぎらうと、中田は「私はそんなに…」と割とあっさり。我に返ったムロは「ちょっとした温度差が生まれています!この温度差は親子なので当然です」とあ然。まさかの娘からの反応に「温度差びっくりしちゃった。裏で泣きます…」と肩を落とした。
 そして、この日、ひときわ会場を盛り上げていたのはヨーロッパ企画の俳優・本多力。ムロからは“ホンダディ”といじられ、今作にも出演していないにも関わらず、なぜか司会として“脱力系”な進行で参加。「(この作品の)クランクインは12月6日でしょ。僕が子どもが生まれた日なんです。でたかったな~」とこちらも悔しさを全開にする本多にムロが「なんで(今作に)出てないの?」と確認すると本多は「なんででてないのだし、なんでいるんやろって」と嘆いて笑いを誘った。
 舞台あいさつにはそのほか、永野宗典、金井純一監督も登壇した。