眞栄田郷敦、役者人生初の受賞「光栄です」

視聴回数556,155

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の眞栄田郷敦が16日、都内で行われた『第31回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2021』オープニングセレモニーに登場。最近の活躍が評価されて男優部門を受賞し「光栄です!」と喜んだ。
写真撮影では緊張の表情を見せ、カメラマンから「授賞式ですよ! 笑ってください!」と言われて照れていた眞栄田。トロフィーを手に今の心境を聞かれると「緊張していたのですが落ち着きました」とにっこり。
2019年の映画『小さな恋のうた』で役者デビューし、その後、数々の映画やドラマに出演して大活躍。「(同映画で)この世界に入らせていただきました。そこから2年、役者として初めての賞をいただきました、光栄です! ありがとうございます」と喜び。
今後の目標も語り「ここからさらに実力はもちろんですが、人として優れたニューウェーブを起こせる役者を目指して精進したいと思います」と決意した。
同映画祭は、全国の映画・エンタメファンに夢や希望、新たな才能あふれる作品との出会いを提供する祭典で、20日までオンライン開催。この日は南沙良、バカリズム、齊藤工、清水康彦、木下彩音、剛力彩芽(コメント動画)も参加した。