木村佳乃、監督が「タイプ」の発言でキャスト陣驚き

視聴回数1,124,524

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の斎藤工、大泉洋、木村佳乃、松岡茉優が3日、都内で行われた映画『騙し絵の牙』(26日公開)の騙し合いバトル開幕式に出席。この日のために制作された“大泉の巨大看板”(高さ10m×幅11m)の口部分から登場した。
 この日のイベントのために、高さ10メートル×幅11メートルの特大サイズ“大泉の巨大看板”が制作され、キャスト・監督は“大泉の口部分”から登場。人生初の体験に大泉は「こんな大掛かりなイベントをやってもらって、ワールドカップで優勝したみたい」とセットのクオリティには感謝しつつ、「こんだけ大きな自分の顔を作ってもらって、その口から出る…。あんまり気持ちのいいものではなかったですね。プロデューサーが『やりましたよ、ド派手に行きますよ!』みたいに言ってくれたけど、あんまりうれしくないですね。みんなも嫌だったと思います」とぶっちゃけて、会場を沸かせた。
 映画は、「罪の声」の著者・塩田武士が、大泉を主人公にあて書きした同名小説(角川文庫/KADOKAWA)が原作。映画『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』の吉田大八監督がメガホンをとった。
 大手出版社を舞台に、廃刊危機に陥った雑誌を巡って生き残りをかけた壮絶な騙し合いバトルが幕を開ける。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水役に大泉、新人編集者・高野役に松岡、ほか宮沢氷魚、池田エライザ、斎藤工、中村倫也、佐野史郎、リリー・フランキー、塚本晋也、國村隼、木村佳乃、小林聡美、佐藤浩市らが出演した。