大泉洋、松岡茉優の発言に嘆き

視聴回数805,383

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の大泉洋、松岡茉優が3日、都内で行われた映画『騙し絵の牙』(26日公開)の騙し合いバトル開幕式に出席。この日のために制作された“大泉の巨大看板”(高さ10m×幅11m)の口部分から登場した。
 映画は、「罪の声」の著者・塩田武士が、大泉を主人公にあて書きした同名小説(角川文庫/KADOKAWA)が原作。映画『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』の吉田大八監督がメガホンをとった。
 大手出版社を舞台に、廃刊危機に陥った雑誌を巡って生き残りをかけた壮絶な騙し合いバトルが幕を開ける。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水役に大泉、新人編集者・高野役に松岡、ほか宮沢氷魚、池田エライザ、斎藤工、中村倫也、佐野史郎、リリー・フランキー、塚本晋也、國村隼、木村佳乃、小林聡美、佐藤浩市らが出演した。
 作風になぞらえた“崖っぷちエピソード”を問われた大泉は「『騙し絵の牙』の撮影は、常に崖っぷちでしたね。皆さん『監督の緻密な設計図』と言ってますけど、全然一発でOKが出ない。最低でも(テイクが)3回。5、6回、10回くらいもいくこともある。途中からセリフも全然言えなくなって、その中で浩市さんのような化け物級の方と共演する。常に崖っぷちでしたね」と恨み節をさく裂させ、笑いを誘う。
 一方で松岡は、吉田監督がメガホンを取った『桐島、部活やめるってよ』を引き合いに出しながら「そこからお仕事に恵まれるようになりまして、まさに崖っぷちからすくい上げてもらいました。本当にありがとうございます」と感謝。“優等生発言”を聞いた大泉は「君、随分と監督におべっかを使うね!? 俺、二度と仕事が来ねえよ!」と、自身との温度差にツッコみを入れた。
 これに松岡は「テイク重ねるのも何がいけないのか分からない。それが監督の仕事ですから…」と、先程の大泉の発言を蒸し返して“口撃”。一切のスキを見せない松岡に対して「怖いな~! そうやってここまで芸能界を乗り越えてきたのか…」と驚愕の表情を浮かべた大泉は「監督、全部冗談ですからね? テイク数なんて気にならない!」と“手のひら返し”をして、会場を沸かせていた。