北川景子、心の支えは“芳根京子” 「家庭との両立で心が折れそうな時に連絡をくれる」

視聴回数412,846

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の北川景子(34)、芳根京子(24)、堤幸彦監督(65)が28日、都内で行われた映画『ファーストラヴ』大ヒット御礼舞台あいさつに出席した。
 「動機はそちらで見つけてください」と、アナウンサー志望の女子大生が父親を刺殺する場面からスタートする原作小説は、累計発行部数35万部を超えるベストセラーに。北川が演じる公認心理師の真壁由紀は、事件のドキュメンタリー本執筆の依頼を受け、容疑者・聖山環菜(芳根)と面談を重ね、二転三転する供述に翻ろうされながらも彼女の心理に迫る。やがて由紀自身がしまいこんでいたある過去の記憶にも結び付く、意外な真相が浮かび上がっていくサスペンスミステリー作品。
 劇中では、ときに感情をぶつけ合い、ときには支え合う役どころを演じた2人。撮影後も交流は続いているようで、芳根は「毎日、連絡を取らせてもらってる。お互いに連ドラの撮影をしていて大変ななか、北川さんから『きょんちゃん(芳根)が頑張ってると思えたら頑張れる!』って言われて、すごいうれしい。好きな人と一緒に頑張るのって幸せだなって日々、感じています」と満面の笑みで明かした。
 北川も「自分も久々の連ドラで、家庭との両立に心が折れそうなときに、ちょうどよく連絡をくれるんです。『私も頑張ってます!』って言われると、『こんなきょんちゃんが頑張ってるなら、私も頑張ろう!』って。一緒に頑張っている感じで、すごく勇気をもらっています」と話すと「年齢の差はあるけれど“心の友”のような。いいご縁のあった作品です」とうれしそうに語っていた。