蛯原友里、息子へのかわいすぎる機嫌直し再現「捕まえたぞ~」

視聴回数1,272,619

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

モデルの蛯原友里(41)が、育児をしながら各分野で活躍する女性を表彰する『第13回ベストマザー賞2021』(主催・日本マザーズ協会)の「文化部門」に選出され6日、都内で行われた授賞式に出席した。
 蛯原は「今朝、息子に『ママってどんなママ?』と聞いたら『明るいママだよ』と教えてくれました。とってもうれしかったですし、お母さんって大変ですけど楽しいことがいっぱいあると実感しています」と子どもがかけがえのない存在と話した。
 さらに「常に大切にしている大好きな言葉があります。小児科の先生から『お母さんの笑顔は太陽』と言っていただき、胸が温かくなり、そうだなと思いました。その瞬間からどんなことがあっても元気で明るく笑顔でいられたらいいな思いました」といい、「素晴らしい賞をいただけたのはパパの存在も大きいです。パパに感謝し、母として妻として女性としてママ業をもっともっと頑張っていきたいです」と笑顔で意気込みを語った。
 囲み取材では「パパにこの受賞を伝えたときは『良かったね。すてきなママとして頑張ってください』と言われました。パパがいてくれるからストレスなく仕事と家庭のバランスがとれていますし、いろんな面で感謝しています」とあらためて夫・ILMARIに感謝した。
 母の日の予定を聞かれると「予定はないのですが、息子から『お母さんへ』と書いた絵をもらえるので、去年より成長した絵を期待しています」と心待ちにしている様子だった。
 そのほか、「政治部門」を国際政治学者・三浦瑠麗(40)、「スポーツ部門」を元バドミントン日本代表・潮田玲子(37)、「芸能部門」をタレントの篠田麻里子(35)、「芸術部門」を写真家の蜷川実花(48)、「特別部門」を家政婦のタサン志麻(42)が受賞した。