セカオワ・Fukase、包丁売り場で役作り「警備員さんに見つかったら…」

視聴回数382,125

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

SEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseが27日、都内で映画『キャラクター』(6月11日公開)の完成披露記者会見に出席。本作で俳優デビューを飾ったFukaseは、殺人鬼という難役を“ある場所”で作り上げていったという。
 『20世紀少年』『MASTERキートン』をはじめ、浦沢直樹作品を数多く手掛けてきたストーリー共同制作者・長崎尚志氏が10年の歳月をかけて、練りに練り上げた企画がついに実写映画としてそのベールを脱ぐ。
 もしも売れない漫画家が殺人犯の顔を見てしまい、その顔を"キャラクター“化して漫画を描いて売れてしまったとしたら、というアイデアを軸に構想された本作。スケッチに向かった先で、一家殺人現場に遭遇し犯人を目撃してしまう主人公・山城圭吾(菅田将暉)。そして山城と出会い運命が狂い出す天才的な殺人鬼・両角をFukaseが演じる。
 そうそうたる顔ぶれとともに登壇したFukaseは「役者という仕事を初めてやらせていただき、すごい緊張していましたが、いろんな方に僕がやりやすいように気を使っていただき、無事に完成することができました。この場を借りてお礼を言いたいです。ありがとうございました」と笑顔であいさつ。
 その後は撮影秘話に花を咲かせ、主演の菅田は「Fukaseさんと接してると、映画のいい加減な部分が浮き彫りになりました。一個一個、すごく丁寧に考えているんだと新鮮でした」とリスペクトの眼差しを向けながら「役作りのことを話していたら、プライベートで包丁売り場に行って、包丁を売ってる目の前でセリフ練習をしていたと言っていましたよ」と暴露した。
 これを「そうなんです」と認めたFukaseは「殺人衝動の部分に苦労しましたね」と語り「もしこれで警備員さんとかに見つかって『映画のセリフ練習をしていたんです』と言い訳したら、すごい変な形のプロモーションになっちゃうなと。一回、鮮魚売り場に戻って包丁売り場に行く。それを繰り返して、なるべく早くスーパーに出ました」と笑いながら振り返っていた。
 そして、山城が描いた漫画と事件の関連性をいち早く気づき、その真相を探る刑事・清田俊介を演じるのは小栗旬。さらに、清田の上司・真壁孝太を中村獅童、漫画家として鳴かず飛ばずの山城を陰で支える恋人・川瀬夏美を高畑充希がそれぞれ演じる。
 会見にはそのほか、キャストの高畑充希、中村獅童、小栗旬、永井聡監督、原案・脚本の長崎尚志氏が出席した。