セカオワ・Fukase、菅田将暉と喋りたかった思い明かす「映画もう参加できないと思った」

視聴回数518,891

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

SEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseが27日、都内で映画『キャラクター』(6月11日公開)の完成披露記者会見に出席した。
 『20世紀少年』『MASTERキートン』をはじめ、浦沢直樹作品を数多く手掛けてきたストーリー共同制作者・長崎尚志氏が10年の歳月をかけて、練りに練り上げた企画がついに実写映画としてそのベールを脱ぐ。
 もしも売れない漫画家が殺人犯の顔を見てしまい、その顔を"キャラクター“化して漫画を描いて売れてしまったとしたら、というアイデアを軸に構想された本作。スケッチに向かった先で、一家殺人現場に遭遇し犯人を目撃してしまう主人公・山城圭吾(菅田将暉)。そして山城と出会い運命を狂わす天才的な殺人鬼・両角をFukaseが演じる。
 本作で俳優デビューを飾ったFukaseは「役者という仕事を初めてやらせていただき、すごい緊張していましたが、いろんな方に僕がやりやすいように気を使っていただき、無事に完成することができました。この場を借りてお礼を言いたいです。ありがとうございました」とあいさつ。
 ライフステージでの堂々たる振る舞いから一転し「顔合わせでセリフを言う時は体が震えました」と初々しく振り返る一幕も。初共演の菅田将暉も「緊張している感じには見えなかった。その挙動も役作りの一つに見えたよ」と優しくフォローを入れていた。
 そんな菅田との初共演にFukaseは「とにかく不安が多かったです。カメラで回ってないところで菅田くんに話しかけていいのか、わからなかった」とポツリと漏らし「もし話しかけて『僕たちそういう役柄じゃないですよね?』なんて言われたら、きっと立ち直れないし、映画に参加できないと思って、遠くの方からスタッフさんに話しかけていいか聞いて『Fukaseさんのやりやすい方にしてください』と言われました。それが今回の撮影で重大なミッションでした」と笑いながら振り返った。