小栗旬、格好いい“小栗旬”に自画自賛「格好いいんですよ」 映画『キャラクター』完成披露記者会見

視聴回数476,760

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の小栗旬が27日、都内で映画『キャラクター』(6月11日公開)の完成披露記者会見に出席した。
 『20世紀少年』『MASTERキートン』をはじめ、浦沢直樹作品を数多く手掛けてきたストーリー共同制作者・長崎尚志氏が10年の歳月をかけて、練りに練り上げた企画がついに実写映画としてそのベールを脱ぐ。
 もしも売れない漫画家が殺人犯の顔を見てしまい、その顔を"キャラクター“化して漫画を描いて売れてしまったとしたら、というアイデアを軸に構想された本作。スケッチに向かった先で、一家殺人現場に遭遇し犯人を目撃してしまう主人公・山城圭吾(菅田将暉)。そして山城と出会い運命を狂わす天才的な殺人鬼・両角をFukaseが演じる。
 会見にはそのほか、SEKAI NO OWARIのボーカル・Fukase、菅田将暉、高畑充希、中村獅童、永井聡監督、原案・脚本の長崎尚志氏が出席した。