北村匠海、10年後の夢は「カレー屋さん」 驚きの将来設計明かす

視聴回数273,264

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の北村匠海が10日、都内で行われた映画『東京リベンジャーズ』(7月9日公開)おうちでプレミアムナイトに登壇した。今田美桜演じるヒロイン・ヒナタの「10年後も私も一緒にいて」というせりふに関連して、10年後の夢を聞かれた北村は「間違いなく、カレー屋さんをやっていたい」と、将来設計を明かした。
 司会が驚くなか、北村は「土地を買って3つに区分して、カレー屋さん、コーヒー屋さん、古着屋さん。2週間にいっぺんそのくくりをとって、そこでライブだったり芝居だったりをやりたい」と告白。さらに「東京ではそれをやって、埼玉の方でキャンプ場を経営したい」と、これだけに留まらない計画に共演の山田裕貴は「そんなはっきり言っていいの?」と苦笑した。
 続けて、「1個のことに決められない。とにかくいろんなことをやりたい」と夢いっぱいの北村は「全部この10年でやりたい。やりつくした結果、ニートになっている可能性もある。それくらいいろんなことがやりたいな」と力強く語っていた。
 今作は『週刊少年マガジン』で連載中の和久井健氏による人気漫画を実写化。ヤンキーだったころに付き合った彼女・橘ヒナタとその弟・ナオト(杉野遥亮)が関東最凶の組織“東京卍會”に殺されたことをニュースで知った主人公・タケミチ(北村)は、翌日、駅のホームで何者かに背中を押され線路に転落する。
 死を覚悟したタケミチだったが10年前にタイムスリップ。そこでナオトに遭遇し「10年後ヒナタは殺される」と伝えたことで未来が変化。逃げ続けた人生を変えるため、最凶不良軍団に挑む彼らの挑戦が描かれる。イベントにはこのほか、磯村勇斗、眞栄田郷敦、清水尋也、吉沢亮、英勉監督が登壇した。