志田未来、5年ぶりのショートカット姿でイベント登場 医療ドラマでの苦労エピソード告白

視聴回数909,820

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の志田未来が9日、都内で行われた『2021年看護の日トークイベント~だから、私は、看護を選ぶ。~』に登場した。
 これは公益社団法人の日本看護協会が5月9日~15日を看護週間とし、初日のきょう、若年層を中心に幅広い世代に看護職の魅力を知ってもらうべく開催されたもの。志田は過去の出演作や自身のエピソードを交え、医療現場の最前線で働く看護師・看護学生とトークを展開することになった。
 志田と言えば今年3月、髪をバッサリと切り、5年ぶりのショートカット姿を披露した動画が、所属する研音の公式YouTubeチャンネルで公開。美容室に入るところから、髪を切り終えるまでの一連を公開した。
 この日は全身白衣装、ショートカット姿で登場した志田。看護学生から医療系ドラマに出演した際に大変だったことを聞かれると、「専門用語がめちゃくちゃ難しくて、慣れているように話さなくてはいけないことが大変でした。現場に行ってたくさんの方に囲まれて『本番!』と言われると、その言葉がポンっ!と、忘れてしまう」と照れ。
 その中で心がけていることは「患者さんとの話し方と役としての話し方を意識して。寄り添うセリフの話し方と、ぽく見える話し方を意識して演じていました」と伝えた。