四千頭身・後藤のセレブ発言に会場爆笑!偏差値37でも「タワマンからアウディ」

視聴回数1,632,191

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

ワタナベエンターテインメントに所属するタレントの中川翔子、俳優の山田裕貴、お笑いトリオの四千頭身、アイドルグループ・Hi☆Fiveの“はやたく”こと林拓磨が24日、都内で『ワタナベNオンラインハイスクール』記者発表会に参加した。
 ワタナベコメディスクール出身の四千頭身。後藤拓実は「この2人は大きく成長したんじゃないですか。僕は元から超面白かった」ときっぱり。石橋遼大は「そういうことを(自分で)言っちゃう…」と苦笑いで、都築拓紀も「ヤバいヤツだよ」と笑った。それでも「お笑い芸人として、人間として、大きくなれたとは思いました」と後藤は殊勝にコメントし、都築から「わざとらし過ぎる。この手のコメントで置きに行くな」と“注意”を受けていた。
 最後に後藤は「僕ね、高校の時に成績が1番だった。頭がいいんです」と告白。都築から「偏差値は」と振られると後藤は「37」と正直に回答。都築が「バカなんだよ、普通に」とイジられても、後藤は「偏差値37の高校に行っても、タワマンからアウディで来ました。夢をつかめば、こうなります。まずはきっかけから」と自信満々で、奮っての応募を呼びかけていた。
 ワタナベエンタが、角川ドワンゴ学園 N高等学校と業務提携を結ぶことで合意。N高等学校で高校卒業資格取得を目指しながら、多くのタレント・アーティストを排出してきたワタナベエンタのノウハウを生かしたカリキュラムをオンラインで受けることができる『ワタナベNオンラインハイスクール』を2021年4月に開校する。
 学習形式は週5日のオンラインレッスンで、修業年限は3ヵ年。定員は200人で、出願資格は入学試験に合格した中学校卒業(見込)から、高校2年生までの芸能プロダクションに所属していない人となっている。