白濱亜嵐、主演映画の試写でGENERATIONSメンバー号泣「小森っていうのが...」 全力で“ぴえん”披露

視聴回数210,340

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐、女優の平祐奈が27日、都内で行われた映画『10万分の1』の初日舞台あいさつに出席。コロナ禍のなか無事に封切りを迎え、白濱が「撮影が2年前。遂に公開できたなという気持ちと、皆さんの顔を直接見ながら舞台あいさつができて、本当にうれしいです」と語ると、平も「公開できるのか不安もありながら、無事に初日を迎えられてうれしく思います」と胸をなでおろした。
 白濱演じる高校生・桐谷蓮は、剣道部所属のイケメン男子。平が演じる剣道部マネージャー・桜木莉乃とは、中学時代からの友人で互いに意識する関係。自分の性格も身体も好きになれず、気後れしてばかりだった莉乃だが、蓮からの思いがけない告白を受け、交際に発展する。順風満帆な日々を過ごすなか、やがて莉乃は、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患ってしまう。残酷な運命が2人の恋も友情も加速させていく…。
 役作りに話題が及ぶと、白濱は「原作を意識しつつ、終始、莉乃のことを大切にしているキャラクターなので、ずっと優しい表情、温かい目で見守ることをすごく意識しました」。難病を患う役どころを熱演した平は「撮影前に実際の患者さんにお会いして、お話を伺ったりしまして、病気と向き合っている方がたくさんいるので、まずは病気を知るところから始めました」と振り返った。
 締めのあいさつでは「この映画は胸キュンするシーンもありますし、二人の恋愛を軸に描いていますが『ALSという病気がある』ということが見てくださった人の記憶に残ってくれればうれしい」と呼びかけた白濱が「(GENERATIONSの)みんなで試写会をして、メンバーたちも号泣してくれた。特に小森(隼)が号泣してました」と明かして、ファンを喜ばせていた。
 舞台あいさつにはそのほか、優希美青、白洲迅、奥田瑛二、三木康一郎監督が出席した。