濱田龍臣&鈴木仁、幼なじみ役で迫真の演技

視聴回数33,707

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の鈴木仁(21)、濱田龍臣(20)が26日、KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『オレステスとピュラデス』の公開フォトコールに参加した。
 本作は、杉原邦生氏が手がけるギリシャ悲劇シリーズの最終章。太陽神アポロンの神託を受け、母親殺しを行ったオレステスのその後の物語が、新たなギリシャ悲劇として創造される。28日~12月13日までKAAT神奈川芸術劇場で上演される。
 今作で初舞台を踏む鈴木は「こういった状況下ですが、お客様にお会いしてまっすぐにお芝居を届けられることがうれしい。いろんな所に初めての経験がありました。新鮮に思いながら正面からぶつかっていければ」と気合十分。濱田も開幕を直前に控え「こうやって舞台に立たせていただけることは、すごく幸せなことと思いながら日々、けいこを重ねていきました」と、しみじみ語った。
 改めてお互いの印象を問われると、鈴木は「実年齢は一個下なんですけど、どっちかというと僕よりしっかりしてる。そのバランス感はちょうどいいのかな。頼りにできる存在です」。照れくさそうに聞いていた濱田も「優しいお兄ちゃんのような感じですね、何でも受け入れてくれる!」と笑顔で返していた。