海の上で目覚めてみる? 環境にやさしい水上住宅「SeaPod」

視聴回数513,529

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

「SeaPod」は、パナマのスタートアップが開発中の次世代住宅ブランド。その名が示す通り、海の上に浮かぶ水上住宅だ。
ポルトベロ国立公園のマリーナに建設された「SeaPod Eco」は、2024年から一般客も宿泊可能。
海へのダメージが少ない構造
「SeaPod Eco」は、ベッドルーム、リビング、キッチン、バスルーム、バルコニーと、パーティーができる水上パティオ等を備える。
スマート家電が導入され、タッチスクリーンで操作可能。360°景色が楽しめるパノラマ窓も特徴的だ。
太陽光発電と雨水の貯水設備も備え、環境に配慮している。海底に土台を建てるのではなく、空気を充填した鋼管で浮力を得て、アンカーで海底につないでいるため、海へのダメージが少ないという。
同社は今後「SeaPod」の様々なモデルを世界各地に展開していく予定だ。
・ ・ ・
今までにない宿泊体験ができる?