少年時代の榎田大樹が、野球ではなくまずソフトボールを始めた理由とは!?【元 西武ライオンズ/阪神タイガース】

視聴回数509,939

※ 視聴回数について

ラブすぽ

阪神、西武で昨年まで活躍していた榎田大樹さんが初登場!
まずは小学生時代の話をしてもらった。
鹿児島県曽於郡大崎町という土地で生まれ育った榎田大樹さんだが、小学生の頃にやっていたスポーツは野球ではなく、ソフトボール。
その理由は「少年野球チームが近所に無かった」とのことだ。
土地柄なのだろう。榎田大樹さんが言うには、鹿児島県では野球よりもソフトボールの小学生チームが多いのだという。
ちなみに所属していた大崎ソフトボールスポーツ少年団というチームの1学年年上には現在でも広島カープで活躍している松山竜平がいてキャッチャーをしていて、ピッチャーだった榎田大樹さんともバッテリーを組んでいたそうだ。